性風俗バイトで稼いだお金の使い道は多岐に渡る

性風俗バイトで稼いだお金を生活費にまわす女性は、かなりの数いると思います。

たとえどんな場所に住んでいたとしても生活していくには必要最低限のお金がどうしてもかかりますし、それらを稼ぎ出すことは決して楽なことではないです。

ただ、性風俗バイトで稼いだお金の使い道は生活費に使うだけではありません。
性風俗バイトではかなりのお金を稼ぐことができるため、生活費にまわして余った分は、自分の好きなようにすることができます。

その中でも1番手堅いのは自身がスキルアップするための使い方です。

国家資格や民間資格の取得、ならいごとやお稽古ごと、各種教室に通うためなどにお金を使うのは、自身がスキルアップするためのお金の使い方といえます。
これらをすれば、さらに自分自身が磨かれていくことは間違いないです。

他には、贅沢や娯楽のために使うことも考えられます。それは、ファッションアイテムを買ったり、小旅行に出かけたり、有名レストランなどで食事をしてみたりなどです。

頑張った自分へのご褒美というわけではありませんが、仕事で疲れたらそうして自分を癒すこともときには必要です。

このように、性風俗バイトで稼いだお金の使い道は多岐に渡り、女性が好きなようにできるのです。

 

風俗バイト

私は、ある日風俗店のバイトの求人のチラシに書いてあり応募しました。
そして、ネットでしらべたらそこは、風俗バイトでいろいろな求人詳細情報が書いてありました。
フロントバイトとか部屋メイクのバイトとかいろいろな求人がありました。
私は、部屋メイクのバイトを応募しました。
そしていろいろな部屋がありました。
和風部屋、自然部屋、木の葉部屋とかいろいろな部屋があったりしました。
部屋には、TVとか自販機とかガラス張りのシャワー室がありました。
私は、その部屋のメイク「掃除」のバイトをしました。
掃除は、大変な仕事でした。
いろいろな部屋には、○○イスとか産婦人科にあるようなイスがあったして大変な仕事でした。
使った部屋は、ごみがおいてありリサイクルするために分けるのですけどいろいろあって大変な思いをしました。
それから風俗店の部屋を掃除するときにベットには、ゴムがおいてありました。
使い終わったゴムは、ゴミ箱に入れてほしいと思います。
私は、風俗店のバイトが大変なのでやめました。

高学歴人間が風俗でアルバイト

herujetreuetyuuu

子供の頃に勉強好きだった僕は将来は博士か大臣かなど言われていました。
ところが、親の期待を裏切るかのように今は風俗店の案内人の仕事をしています。

確かに、今まで大学まで行かせてもらえて、勉強は好きだったもののそれは仕事には活かせませんでした。
そういう人は結構多いのではないでしょうかね。勉強とビジネスは別物ですよ。

その代わり、親はもうカンカンに怒って今は一人暮らしをしています。仲も悪くなってしまいまして。
でもって、今は風俗でアルバイトをしているわけなんですが、この仕事も特に面白いと思っているわけではありません。

風俗嬢にこき使われるような、「早く水持ってきて~」「おい走れ」といったような過酷なバイトです。
出来ることなら頭を使った仕事をしたいのですが、勉強を教えるような例えば家庭教師のような仕事は儲かりません。

店長に初めて履歴書を見せた時にも、「こんな経歴の人がうちで働くの~?」と言われましたが、
「出来ることならなんでもします」と言ったので、雇ってもらえることになりました。

世間ではゴキブリ扱いされているこの仕事ですが、割りとお給料はアルバイトにしては高めなんですね。
でもって、店内の風俗嬢と仲良くできるチャンスがあるので、僕としてはお気に入りのバイトなのです。